ARとは?

Augmented Rality(オーグメンテッド・リアリティ)の略称で、日本では「拡張現実」または「強化現実」と呼ばれています。
コンピューターを通して、現実空間にデジタル情報を重ね一体化することで、現実空間を拡張したり強化する技術の事です。
ARは手軽に始められ、印刷物に付加価値を付けることのできる最新のデジタルプロモーションツールとして活用することができます。
画像、動画、音声、3Dなどを追加情報として付帯することができ、印刷物のみでは伝えきれない情報もARを活用することでより多く伝えることができるようになります。
"印刷メディアからオンラインストアに瞬時にジャンプできるようにする"
"自分の部屋に3Dの家具を配置してみる"
"3Dアニメやビデオを重ねてより魅力をアピールする"
など、ARの活用方法は無限大です。

パンフレットから飛び出す3D
パンフレットから飛び出す3D

アイカでは、お客様の身近にあるスマートフォン(iOSおよびAndroid)を利用したAR技術をご提案いたします。
アイカのAR技術はアクセス解析と連動させることが可能で、「いつ」「どこで」「何が」見られたかなど次回のプロモーションに生かせる情報を収集することができます。
※情報提供に同意しているユーザーのみ

閲覧ポイント解析イメージ
閲覧ポイント解析イメージ